メニュー

フットケア外来

足のお悩み・足のトラブル、お気軽に外来でご相談ください

 

巻き爪

症状

爪が彎曲(わんきょく)し、皮膚に食い込んでいる状態です。初期は、つま先の先端の炎症で、疼痛や発赤がみられます。
歩行のたびに体重がかかり、強い疼痛が起こることがあるのです。

原因

爪の切り過ぎで起こります。特に爪の両端の切り過ぎで起こりやすくなります。また不適切な靴選びも原因です。

魚の目・たこ

症状

皮膚の一部が慢性の刺激を受けて角質層が厚くなる病気。
たこは、魚の目と違って痛みの無いことが多いです。

原因

手足の特定の部位に圧が繰り返し加わり、生理的な防御反応として生じます。反復性の刺激の原因としては、スポーツや職業、足の形に合わない靴、足の変形、歩き方の異常などがあります。

ひょうそ

症状

手や足の爪の周囲に急性の炎症が起こった状態で、主として細菌の感染によって起こります。

原因

爪囲部のささくれ、小さな切り傷、爪切りの際の傷や巻き爪、陥入爪で皮膚に爪が食い込んでいるところなどから感染が起こり、爪囲が赤く腫れあがって、痛みが強くなります。

その他の症状

フットケア診察日

フットケア診察日
午前
受付8:30~12:00
午後
受付13:30~16:30

※最終受付
15:30

△・・・お問い合わせください

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME